手彫り作成の流れ

手彫りではんこを作る場合には、どのような流れで作成しているのか知りたいという人もいるでしょう。基本的にはんこは苗字を彫るようになるので、簡単な彫り方の流れを紹介させていただきます。まずは彫る面をきれいにしなければいけませんので、面擦りという作業を行います。これを行わないと、きれいにはんこを押すことができません。紙やすりを使って丁寧に行います。

次に朱塗りという作業を行うのですが、はんこの文字以外の押す部分が朱色になっているのは知っているでしょう。この朱塗りを行っているからこのような色になっているのです。それから字割りという作業を行い、いよいよ字入れを行います。字入れを行う場合には、てん刻台と呼ばれている台に挟んで、はんこが動かないようにして作業をしていくのです。それからどんどん彫っていくのですが、最初は荒彫りを行います。

荒彫りを行ったあとは、朱塗りを施した部分の印面をしっかりと落とします。それから墨打ちを行うことで、彫った文字がよりくっきりとわかりやすくなるのです。さらに仕上げ彫りを行って完成となるのですが、当然きちんと押印できるか確かめてから品物として販売するようになるのはいうまでもありません。これだけ手間暇がかかっているのです。